人気ブログランキング |

D800 触ってみた

ニコン新宿でD800触ってきました。
ついでにデータがどんなものか興味があったので持ち帰り申請してみました。

- ファインダーの見えは良好ですが、液晶感あり。
- フォーカスポイントの赤点燈時にファインダー全体に赤になる。。。これは普及機ラインに多い。
- シャッター感は静かでアウトドアだと切れたかどうか分からないかも。
- カード蓋は開け閉めが不安になる構造。大容量カード入れっぱなしにするしかない。

- 操作は良く分からないので係員にRAW+FINEにしてもらいました。
- 使用したレンズは24-70f2.8と85f1.8

- 一桁機とは感触が全く違うので併用する場合は戸惑うかも、一台で使う場合は威圧感も無いし、軽いので気軽に連れ出して使える高画素機という感じ。



RAW現は楽し
うわわーんC1で現像できん。。6.3.4でも未対応でした。

高画素機の難しさ
曇り空で、f8まで絞るとISO1600で1/100・・このあたりが手持ち撮影の限界。当然ノイズが乗ってぼやける。ノイズを減らそうと感度を下げると手ぶれして酷くぼやける。シャッター速度とノイズとのバランスを取ることが重要になりそう。。
f0104751_1758546.jpg
ISO1600 100%切り出し
f0104751_17573554.jpg
ISO1600 全景

まぁ私を含め素人は三脚使って低感度で撮るか、ノイズを恐れず感度を上げて撮るしかなさそう。感度を上げても唸るほどある画素のお陰で100%表示なんてことをしなければノイズも目立ちません・・・通常の使い方なら主題に対して目立たず見えない。

ISO100画質
良好です。いじわるな見方ですが、暗部を持ち上げるとISO100でもカラーの斑ノイズが浮いてきます。

使いこなし
10数分しか触ってませんが(笑)、この機種は風景野郎が最低感度+三脚使うと良さそう。手持ちでは深度を稼ぎつつ、シャッタースピードを確保することが難しい。高感度側の絵も悪くはありませんが、それはあくまでも被写体ブレや三脚共振ブレを抑える為の機能として捉えるべきだと思います。

  by THasui | 2012-03-11 18:00 | hardware

<< フィギュア撮りは上手くいかない... D4 触ってみた >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE